基礎知識
 
歴史
 
交通手段
 
レンタカー
 
リンク集
 
検索エンジン
 
口コミ情報



ハ、ハワイに住むことができる?
今、多くの人が色々な目的を持ってアメリカに「住みたい」「働きたい」「学びたい」という人が大変増えてきています。
自由という名の大きな可能性を秘めているアメリカで、自分自身を試し、「夢を実現したい」「国際的な仕事に就きたい」など、大きな目標を持っている人が増加の一途をたどっています。
そこで必ず必要になるのが「ビザ」ということはよくご存じの事でしょう。その「ビザ」の中で皆様が一番欲しがっている「永住権=グリーンカード」があれば、アメリカで生活するのに、ほとんどの行動をしばられることなしに生活することができます。

DVプログラム
そこで、「永住したい!」人には信じられない永住権取得法があります。

それが『抽選で当たる永住権』です。1年に1度、抽選で当たる『DVプログラム』というもので正式にはDiversity Immigration Programと呼ばれています。
直訳すると<分散移民プログラム>という意味で、各国からの移民の割合を均等化するために1994年度から実施されているプログラムです。これが、永住権を「抽選」で獲得できるというものです。
通常の手続きではほとんど取得不可能とさえ言われる永住権が、宝くじ方式で当たるチャンスがあるのがこの『DVプログラム』です。

どうやって応募するの?
もちろん日本国籍であれば、対象内に入っていますので応募が可能。ですが、実際に当選するのは数百人(2000年度は637名)と、ここ数年の当選確率は100倍〜150倍にもなります。
当選者は応募者の中からコンピューターにより無作為に選ばれます。
毎年、DVプログラムでは、記入もれ、記入形式の間違い、送付方法の間違いなどにより、何万通もの応募が無効となっています。実際、2000年度実施のDV-2002では、全世界で応募総数が1300万のうち、300万通が書類不備等により無効となっています。また、せっかく当選しても、応募方法や申請書の記入が間違っていては、不合格になってしまうのです。
毎年、申請方法には、変更が加えられています。最新の規定に沿って、正しい申請書を作成しなければなりません。

正確に応募するためには?
業界大手の『永住権ドットコム』は、1995年よりこの「抽選永住権」を専門的に扱っており、パイオニアとして、 たくさんの方の永住権取得をサポートし、毎年多くの方が取得され、ハワイにて事業を興されている方もいらっしゃいます。

経験豊かなスタッフが、過去の豊富なデータと最新のアメリカビザ情報に基づき適切なアドバイスをしてくれます。また、実績のある経験豊富な移民法専門弁護士と提携しておりますので、規定外書式申請・書類不備・記入もれ・記入ミス・申請手続き上のミスなどがないので安心です。
『永住権ドットコム』であれば、正確な申請を行えますので、100%有効なエントリーが可能となります。皆様のアメリカでの活動の第一歩である「夢のグリーンカード」の取得を早く確実にサポートしてくれるでしょう。  

詳しくは『永住権ドットコム』ホームページへ
http://www.eiju-ken.com/

 

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru