現地発ニュース
 
今月のTopics
 
連載読み物

 
Title 
 

 
最終回
 今夏の体験情報 〜 ハワイ島編

みなさん、こんにちは。ゆきです!

前回のオアフ島編に続いて、今回はハワイ島編です。今回、初めてハワイ島へ行きました。3つのホテルに5泊して、一周しました。場所によって、景色も気候も違うので、ハワイ島は本当に大きな島なのだなと強く感じました。ボルケーノやコーヒー農園に行ったり、野生の亀に出会ったり、イルカと遊んだりと子供たちには初めての経験が多くて、充実した6日間だったと思っています。

1度の旅行ではハワイ島の魅力の半分もわかっていないと思うので、また行ってみたいです。

 ヒルトン・ワイコロア・ビレッジ

ヒルトンハワイアンビレッジ今回、子供たちの「イルカのホテルに泊まりたい。プールがいっぱいあるホテルがいい!」という強い希望で最後の3泊はヒルトンワイコロアビレッジに泊まりました。いつも1泊$100以下のコンドミニアムに泊まっている我が家としては大判振る舞いです。

ヒルトンの宿泊料金は泊まる時期や予約時期によって価格が変動します。最初にヒルトンのホームページで料金を調べたときは1泊$249だったので、これくらいなら泊まれるかなと思っていたのですが、いざ予約しようとすると$300くらいになっていたのです。$300だと予算オーバーだからちょっと様子をみようと思って、毎日ホームページをチェックしていたら、ある時また$249になったので、すぐに予約しました。

私たちが泊まったのはパレスタワーでした。他にラグーンタワーとオーシャンタワーがあります。ヒルトンは敷地がとても広いので、メインロビーと各タワー間の移動はボートかモノレールを使います。パレスタワーとメインロビーは歩いてもそんなにかからないのですが、子供たちは乗り物に乗りたがるので、何度も乗りました。モノレールのほうが、たくさん走っているようでした。

ヒルトンハワイアンビレッジヒルトンにはコハラ・プール、コナ・プール、砂浜があるラグーン・ビーチ、子供用のサンド・プールなどいくつもプールがあります。コナ・プールにはスライダーもあるし、プールだけで1日中遊べます。
うちの子供たちはスライダーが気に入って、何度も何度も滑っていました。そんなに長く、急なスライダーではないので、5歳の娘でもひとりで怖がらないで滑れました。でも、落ちてくるプールは少し深いので、親は下にいて、すぐに助けてあげないと危ないかも。私はビデオを撮っていたら、娘が溺れそうになって、よそのパパに助けてもらいました。
スライダーを利用するには、コナ洞窟にあるレクリエーションデスクで腕にリストバンドをつけてもらわなければいけません。このリストバンドは毎日色が違うので、アクセサリーのようにいろいろな色のものを、何本もつけている子どもがいました。それを見て、娘も真似て、帰る時も4本つけたままでした。

私たちが利用した宿泊プランは大人2人分の朝食付でした。パーム・テラス・レストランかオーキッド・カフェ・レストランのどちらかで利用できるチケットをもらえます。
パーム・テラス・レストランはブッフェスタイルのレストランです。時間によってはとても混んでいて、待たされることもあります。
オーキッド・カフェ・レストランは普通のブレックファーストのメニューでした。息子はここのケイキメニュー(子ども用のメニュ)のワッフルがとてもおいしかったと言っています。このレストランは席につくと子どもにはゲームが書いてある紙と色鉛筆をくれますので、退屈しないで待っていられます。

ヒルトンは日本人の利用者がとても多いホテルです。だから、日本語サービス・デスクがあります。客室の電話からも直接つながるので、困った時など気軽に相談できるのはありがたいです。3日目に息子がプールで足を切ってしまいました。そんなにたいした怪我ではなかったのですが、消毒だけでもしてもらいたいと思い、日本語サービス・デスクに相談しました。そうしたらすぐに傷の手当てをする人を手配してくれて、電話でその人との通訳もしてくれました。

ヒルトンではゲスト向けにいろいろなアクティビティを行っていますが、着いた日はちょうどスターゲイジングの日だったので、参加してみました。敷地内の一番端っこに位置するブッダ・ポイントで行われました。端っこなので、周りは真っ暗で星がとてもきれいでした。日本語も交えてホテルの方が星座を説明してくれます。天体望遠鏡では金星や月を見せてくれました。特に月は影の部分まで見えて、感激しました。子供たちは今でも月を見ると「ハワイの月きれいだったね。」と言います。

 ドルフィンクエスト

ドルフィンクエスト初ヒルトンに泊まったのはこれに参加するためといってもいいくらい楽しみにしていた「ドルフィンクエスト」には3日目の午前中に子供たちが参加しました。
子どもは2ヶ月前から予約できます。とても人気のプログラムなので、2ヶ月前当日に直接ホテルに電話して予約したほうがいいでしょう。日本語サービスで受け付けてくれます。
プログラムの内容は最初全員で集まって簡単な説明があり、その後4、5人のグループに分かれます。グループごとにイルカに触ったり、キスをしたり、エサをあげたりします。途中イルカに関するクイズもありました。もちろん英語ですが、日本人スタッフがいて、最初のうちは通訳してくれました。

参加する直前になって5歳の娘は親と離れて参加することが不安になったようで、「やっぱりやめたい・・・・」と言い出したのですが、「せっかくの良い機会だからやってみたら」と言って、半分無理やり参加させました。でも、終わってから感想を聞くと「とても楽しかった!!」と言っていたので、参加させてよかったです。日本人スタッフがやさしい女性で、一緒にいてくれて、通訳してくれたのも安心できたようです。

 プレートランチ

今回の旅行中一番食べた食べ物といったら、プレートランチです。ハワイ島では2回食べたのですが、どちらもおいしかったのでご紹介します。
1回目はヒロ郊外のプリンスクヒオプラザというショッピングセンターの中にある『ヤミーコリアンBBQ』です。『ヤミー』はワイキキにもアラモアナSCにもある、ハワイ好きには有名なお店で、私たちも好きでハワイではよく食べます。ハワイ島にもあると聞いて、ヒロに向かう途中で立ち寄ってみました。カルビプレートとチキンプレートを頼んだのですが、どちらもおいしかったです。『ヤミー』は付け合せは好きなものを4種類選ぶことができます。私はもやしが好きなのでそれを多めに頼みました。ちなみにもやしはもやしで通じました。
もうひとつのプレートランチはコナのコナ・コーストSCのお店で食べました。名前はわからないのですが、プレートランチのお店はひとつしかないので、行けばわかると思います。ここのチキンプレートもかなりおいしかったです。味だけだったら、今回食べたプレートランチの中で一番おいしかったかもしれません。子供たちもすごい勢いで食べました。ただ、お店のお姉さんがとても怖いのです・・・・。ロス・ドレス・フォー・レスもあるSCなので、お買い物のついでに行ってみてください。

 ボルケーノ

ハレマウマウせっかくハワイ島へ行くのだから、ボルケーノにも行ってみたいと思い、行ってきました。最初にビジター・センターに寄り、クレーター・リムロードを走り、ハレマウマウを見学しました。ハレマウマウはとても大きな火口でした。テレビやガイドブックなどで何度か見たことがあったのですが、本物は違いました。その大きさに、雰囲気に圧倒されてしまいました。地面から蒸気が出ている場所もあり、子供と一緒にさわってみました。
ホーレイシーアーチ その後はチェンオブクレーターロードを走りました。この道は途中カーブも多く、乗り物に弱い娘は酔ってしまいました。乗り物酔いをするお子さんの場合は注意してあげてください。チェーンオブクレーターズロードは途中、ホーレイシーアーチに寄り、終点まで行きました。終点にはトイレがありました。ひとつだけですが。
帰りは子どもたちは寝てしまいましたので、寄ろうと考えていたサーストン溶岩トンネルやキラウエア・イキには行かれなかったのが心残りです。5歳と7歳の子供にはボルケーノはまだ少し早かったかもしれません。もう少し大きくなって、火山のことも勉強してから、もう一度行ってみたいと思います。

 印象に残っているスポット

UCCコーヒー農園
マカデミアナッツハワイ島ではUCCコーヒー農園にも見学に行きました。初めて見るコーヒーの木から、実をとって、食べさせてもらいました。甘かったです。こちらの農園にはマカデミアナッツの木もあるのですが、これも生の実を割って、中身のナッツを食べさせてくれました。生でもおいしいのです。子供たちはこれがすごくおいしかったようで、帰ってきて、友達に「マカデミアナッツの生の実、食べたんだ〜。おいしいんだよ!」って自慢していました。農園の方もとても良い方ばかりで、楽しい時間を過ごせました。

プナルウ黒砂海岸
カメボルケーノへ行く途中、亀がいることが多いとガイドブックに書いてあったプナルウ黒砂海岸へ寄りました。車を降りて、海岸へ行くと、本当に亀が1匹いたのです!!けっこう大きな亀で子供だったら乗れそうなくらいです。(もちろん乗ったりしませんが。触ってもいけませんよ。)私たちがかなり近づいても、気にすることなく日光浴していました。浅瀬にももう1匹いました。本物の野生の亀を見たのは初めてだったので、子供はもちろん親の私たちも大興奮でした。

ハワイから帰ってきて、早いものでもう2ヶ月が経ってしまいました。この2ヶ月で世界は大きく揺れ動きました。ハワイも観光客が大幅に減って、困っているようですね。早く気軽に海外旅行へ行かれるような、平和な世界に戻ることを願っています。


10回にわたって連載させていただきました「子供と一緒にハワイに行こう!」も今回で最終回です。私のつたないコラムを読んでいただきありがとうございました。

 

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru