マウイ島
 
ハワイ島
 
カウアイ島
 
モロカイ島
 
ラナイ島
 
乗り継ぎ

Transit Hawaiian Airline

日本から隣島へ行く際、隣島から日本へ帰る際のホノルル空港での乗り継ぎに関して

 
     日本 → 隣島

日本の空港にて
チェックインの際、隣島の空港までのタグを付けてもらいましょう。航空会社のスタッフが気を利かせてその旨申し出てくれるとは思いますが、念のため。

ホノルル空港にて
飛行機を降りてWikiwiki Busに乗ると、メイン・ビルディングの3階に着きます。
2階に下りて入国検査を受け、さらに1階に降りてバゲージ・クレームで航空会社に預けた荷物を受け取ります。
荷物を持って税関を抜ければ入国手続きはこれでいちおう終了です。
税関検査を受けなければならないので、いったんは自分の荷物を回収しなければならないわけです。

荷物預かりカウンター
ツアー等で集合場所が予め定められている場合を除き、そのまま右手の個人用出口からメイン・ビルディングの外に出るわけですが、出口手前に各航空会社の荷物預かりカウンターがあります。ここで荷物を預けてしまうことも可能です。
ただし、乗り継ぎ時間に余裕がなかったり、予定よりも早い便に乗りたい(乗れそうな)場合などは、多少面倒であっても自分でインターアイランド便のカウンターまで運ばないと間に合いません。
また、自分でカウンターまで運んだ場合に比べて荷物が行方不明(他島に運ばれてしまう)になる確率が高くなるということも承知しておいてください。

インターアイランド・ターミナルにて
Map 個人用出口を出るとワイキキ行きのシャトルバスなどが待ち受ける道路にぶつかりますので、ここを左に曲がってまっすぐ進みましょう。エスカレータがありますので2階に上がり、自分が利用する航空会社のカウンターに行き、チェックインします。
少しでも早く隣島に行きたい人は、チェックインの際「早い便に変更できるか?」確認してみましょう。
おそらく「荷物は後になるけど良いか?」といった答えが返ってくるかと思います(運が良ければ一緒の便で着きます)。そんな時にはOKしてとりあえず人間だけ先に隣島に渡ってしまいましょう。荷物が次の便で着くまでの待ち時間のあいだにレンタカー借り出しの手続きをしてしまえば時間が有効に使えます。

ゲート・チェックイン
前述のカウンターで荷物を預けている場合には、ゲートでチェックインすることも可能です。
ターミナルのカウンターが混みあっている場合などには、手荷物検査を受けてゲートまで行き、そこでチェックインしてしまえばよいわけです。

     隣島 → 日本

隣島の空港にて
目的地が日本であることを告げれば自動的にスルーになるとは思いますが、荷物をスルーにするよう頼んでおけばホノルル空港到着後バゲージ・クレイムに行く必要がなくなります。

ここ(隣島のカウンター)で国際線の搭乗券も発券してもらえれば、それこそホノルルではゲートに直行するだけで済むのですが、発券してもらえるかどうかは、国内および国際線航空会社の組み合わせ、航空券の種類、担当者などによって微妙に異なるようです。とりあえず係員にお願いしてみてください。

ホノルル空港にて
Map 荷物をスルーにしてある場合、インターアイランド・ターミナルの到着ロビーに出たら「Mainland International」と記された連絡通路を進みます。
途中で手荷物検査を受け、モニタで出発ゲートの確認等を行ないながら進むと、25番ゲートと26番ゲートの中間あたりに出ます。
隣島で搭乗券をもらえなかった場合には、ゲートでチェックインして発券してもらいます。

     チェックイン変則技

ポーター・チェックイン
ポーターにチェックインをお願いすると、荷物を運んでくれたうえにチェックインまでやってくれます(荷物1個につき1ドル)。待ち時間はゼロに等しいので、インターアイランド便カウンターに長蛇の列ができている場合には効果的な方法です。(Elleさん)

グループ・チェックイン
ホノルルのインターアイランド・ターミナルには「グループチェックイン」と日本語で書かれたカウンターがありますが、ここはツアーグループでなくても個人旅行者でもチェックインできます。このカウンターは英語では「Japanese check in counter」と言い、日本語の話せる職員がいます。通常のカウンターが混みあっている際にはこちらを利用するのも一つの方法です。(kikiさん)

ドライブスルー
上記カウンターの向かいの入り口を出たところの道路際に「Express Aloha ・・・」の表示があり、ここが車でチェックインできるカウンターでした。ただここは利用客が多く、次々と車で乗り付けて荷物を降ろしていくので、本来はドライブスルーでチェックインできるらしいのですが、とりあえず荷物だけポーターが運んで、ドライバーは車を返してからボーディングパスを受け取るために並んでいる様子でした。オアフ島からネイバーに行く人は便利だと思います。
リフェ空港にもこのExpressカウンターがありましたが、その便が国際線と接続している場合は利用できないそうです。 (kikiさん)

 

All Rights Reserved (C)2000 Hawaii Web & Office Otomaru